自己破産 会社 ばれる

自己破産が会社にばれる?知られたりクビになる可能性について

自己破産を決心する

自己破産が会社にばれて、クビになったり仕事や業務に支障が出たりしないか?職場に知られて気まずい思いをしないか、そんな心配をしているのなら全てはする必要のない心配になるでしょう。なぜなら、あなたが自己破産しても会社にばれる可能性はまずありません。

 

また、借金の返済を滞納している場合に裁判所に訴えられ、最悪の場合給料の差し押さえという形で会社に知られることになります。しかし、そのまえに自己破産に踏み切った場合はその可能性もありません。
しかし、以下の特殊なケースではその心配が現実になる可能性があります。

 

あなたが会社からお金を借りていた場合

会社が設けている社員への貸付制度などを利用していた場合です。自己破産することですべての債権者に連絡することになりますから、その場合は自己破産の事実を会社に知られることになります。ただし、自己破産を理由に会社をクビになることはありません。

 

官報をチェックしている職場

自己破産のデメリットのひとつにあなたの名前が官報という政府発行の新聞に載ります。しかし通常、官報が一般の人の目に触れる可能性はごくわずかなうえに、その紙面から一人の破産者の情報を見つけるのは大変な作業になります。
ただ、特定の業種、業務で官報をチェックしている場合があります。金融機関、官公庁などの収納、税務担当者などは仕事のために官報に目を通しています。その場合見つかる可能性がないとは言えません。

 

上記のような特殊なケースにあなたが該当していた場合のみ、会社にばれる可能性があります。もし心あたりがあるのなら、あなたにその可能性があるのか、それを避ける対策があるのかなど自己破産の手続きを依頼する弁護士などに相談してみるのも良いでしょう。
自分の現状について正直に相談してみることによってより良い解決策を見つけることができます。

 

24時間365日いつでも気軽に利用できる無料メール相談。匿名で申し込めるのが安心で便利です。

借金無料相談バナー

借金滞納を放置した場合の方が危険

自己破産の選択もやむを得ない

 

もしあなたが自己破産しても会社に連絡されたり、そのことがばれてクビになる心配はありません。逆に自己破産せず借金も返せずに放置していた場合、給料の差し押さえという事態になれば当然会社には借金滞納の事実を知られることになります。

 

自己破産しても会社に連絡が行ったり、ばれる心配はありません。いくつかの特殊な事情がある場合は知られる可能性はありますがその点についてもご紹介していきます。

 

自己破産をすると会社に連絡があるのではないかと不安に思う人も多いようです。
しかし、弁護士事務所に自己破産の手続きを依頼すれば、誰にもばれずに自己破産を実行できます。
債務整理は借金問題の解消に欠かせません。弁護士事務所への依頼をお勧めします。

 

自己破産の際に会社にも連絡が来るのか

 

自己破産について知られることはない

 

自己破産を開始しても裁判所は勤め先の会社にばれるようなことはありません。
特に弁護士に自己破産を依頼すれば、弁護士が手続を全て代行するためばれる理由がないのです。

 

そのため自己破産の申請をした後にも何食わぬ顔で仕事を続けることができます。
誰にも気づかれないはずです。

 

ただ、借金返済がストップするため顔色が明るくなるかもしれません。
嬉しい変化ですね。

 

ばれることはありません

裁判所も弁護士も自己破産を開始したことにより、勤務先などに連絡をする義務も必要もありません。
誰にも内緒で自己破産を進めることができるのです。

 

最近は裁判所で自力の自己破産申請や手続を進めることができます。
しかし、非常に手間も時間もかかります。
働きながら実行することは事実上無理です。
休みが多くなるため、上司などから問いただされ、最終的には自己破産の話をすることになってしまうでしょう。

 

弁護士には守秘義務があります

自己破産を受任する弁護士には弁護士法による守秘義務があります。
特に必要もないのに、依頼者のことを外部の第三者に話してはいけないのです。
もちろん勤め先の会社も「第三者」ですから、知らせることは絶対ありません。

 

自己破産を弁護士に依頼することで、会社にばれるのではないかという不安は一掃されます。

 

自己破産が会社や家族にはバレない?

 

対策と今後の方針を決定

 

このように自己破産をしても会社や家族にはバレません。
弁護士事務所に自己破産を依頼すると、基本的に連絡は依頼者のスマホにメールですることが多いでしょう。
電話をすると周囲の人に会話内容がばれる可能性があるためです。
もし、電話をする必要がある場合も、事前にメールをしてからという徹底ぶりが少なくありません。

 

バレません

このように弁護士は気を使ってくれるため、自己破産をしていることはばれません。
これは自己破産に限らず、弁護士に債務整理を依頼する場合の全てに言えます。

 

借金問題は自分一人で解決したいものですし、周囲に心配も掛けたくないでしょう。
そんな依頼者の気持ちを多くの債務整理を手掛けている弁護士は知っています。

 

内緒にできます

会社にも自己破産などの債務整理をしていることは知られたくないでしょう。
弁護士事務所は依頼を受ける前に相談を受けます。
相談自体は無料ですからお金の心配はいりません。

 

このように事前に依頼者のことを知れば、より確実にばれない方法で自己破産などの手続をすることができます。

 

自己破産後の生活

 

問題解決して再出発

 

では、自己破産が終了し免責された後の生活はどうなるのでしょうか。
まず、信用情報機関に登録されるためクレジットカードなどの申込はできません。
自己破産の手続中にクレジットカードなどはすべて解約させられます。
つまり、現金主義の生活が始まるわけです。

 

ただ、思ったほど日常生活に支障は生じません。支障がないというよりも借金の督促などもなくなり、返済に悩んだり苦しんだりすることもありません。借金をする以前の生活が取り戻せるメリットを実感する毎日になるでしょう。

 

デビットカードで再出発

ネット銀行を利用している人はお分かりでしょうが、キャッシュカードにデビットカードが付いていることが増えました。
VISAやMASTERのマークがあることでお分かりの通り、クレジットカード同様に利用することができます。
預金残高をいつも注意する必要がありますが、通販なども今まで通り利用できるのです。

 

デビットカードを利用することでクレジットカードのような使い過ぎを防ぐことも可能です。
今まで浪費家の生活を送っていた人は半ば強制的に生活パターンを変えることになるでしょう。

 

新生活で人生やり直せます

自己破産をすると、官報に住所氏名が載るため、詐欺師やヤミ金のセールスマンが来訪します。
また、ダイレクトメールもいっぱい届きます。

 

弁護士の中には自己破産後は転居を勧める人も少なくありません。
心機一転で人生再出発できるのではないでしょうか。

 

自己破産するには

 

無料相談を利用したい

 

では、自己破産をするためにはどうすればいいのでしょうか。
自分でできるとはいえ、自己判断で自己破産をすることは危険すぎてお勧めできません。
債務整理のことをよく知っている弁護士事務所に依頼することを強くお勧めします。

 

弁護士の無料相談からスタート

弁護士に依頼する前には相談が必要です。
ひょっとしたら自己破産以外の方法でも借金問題が解決するかもしれません。
また、先ほど述べた通り相談料は無料なのでお金の心配はいりません。

 

気軽に相談できますから、自己破産を考えている人は一度弁護士の無料相談を受けることをお勧めします。
債務整理を得意とする弁護士は全国にいらっしゃいます。
自宅近くだけでなく、職場や通勤経路上にもいらっしゃるかもしれません。

 

費用の心配も無用です

弁護士に依頼をすると費用がかかると不安がる人もいらっしゃるでしょう。
しかし、費用の心配はいりません。
多くの場合、分割払いを可能にしています。

 

また、自己破産の申請をすると返済がストップするため、今まで返済に充てていた金額を弁護士への支払に充てることができます。
今まで借金返済に充てていた金額をそのまま弁護士に支払うのですから負担は変わりません。

 

費用の心配もありませんから、早めに弁護士への相談をお勧めします。

 

24時間365日いつでも気軽に利用できる無料メール相談。匿名で申し込めるのが安心で便利です。

借金無料相談バナー

更新履歴